2011年11月23日水曜日

貸し切り

IMG_0738IMG_0747


10名様 ¥3500のコース

*ノマドさん 色々サラダ
*青大根のサラダ
*ラデッシュと発酵バター、ゲランドの塩と
*紅芯大根の土鍋蒸し焼き バルサミコソース

*ポトフのコンソメ 赤葱のブルーテ入り

*豚肩肉のポトフ(ヤーコン、人参、じゃが芋、カルドン、ロマネスコ、キャベツ、蕪(あやめ雪)

*林檎のムース、栗とアールグレイのケーキ、フィサリス(食用ほうづき)

*エスプレッソ

2011年11月19日土曜日

料理教室

豚のリエット4種のリエット鶏のバロッティーヌ マッシュルームソース鶏のバロッティーヌ マッシュルームソースタルト タタンタルト タタン

料理教室, a set on Flickr.


2011.Novembre.Soleil

リエット
豚肩肉 400g
玉葱、セロリ 200g
にんにく 1片
白ワイン 100cc
塩 小1
粒胡椒 10粒
タイム 小1/2
ローリエ 1枚

1)豚肩肉 1口大に切る。
  玉葱、セロリは乱切り。にんにくは縦割りにして、芽を取り除く。
  粒胡椒は、荒くつぶす。

2)豚肩肉、野菜、塩、白ワインを蓋が出来る耐熱の入れ物に入れて 混ぜる。
  (蓋と鍋、ボールとアルミ箔、耐熱容器とアルミ箔 等々)

3)圧力鍋に水を張り、2)の入れ物を入れ、火にかける。

4)圧がかかったら、30分加熱し、火から下ろす。

5)圧が降りて、蓋が開けられる様になったら、耐熱容器を取り出す。

6)野菜をフードプロッセサー移し、ピューレ状まで、つぶす。

7)肉を入れ、加減しながら5、6回転させる。
  (あまりつぶさない、肉が繊維状で残る程度)

8)ボールに移し、タイムと粒胡椒を加え、よく混ぜ合わせる。

9)器に詰め、よく冷やしてから食べる。



2011.Novembre.Soleil
鶏肉のバロッティーヌ 茸ソース

(4人分)
鶏もも肉(胸肉可) 2枚
マッシュルーム 1p
パセリ
バター 大1
エシャロット(玉葱可) 1個(小1/2個)
生クリーム 100cc
塩、胡椒、たこ糸

1)マッシュルームは、半分はスライスにし、半分はそのまま炒めて、フードプロセッサーでみじん切り状にする。
  パセリはみじん切り。エシャロットは繊維に平行にスライス。

2)鶏肉に塩、胡椒し、みじん切り状のマッシュルームとパセリを乗せ、のり巻きの様に巻く。たこ糸で縛って、形を整える。

3)フライパンを熱し、鶏肉に焼き色をつける。
オーヴンに入れ、200℃で、15〜20分焼く。

4)鶏肉を焼いたフライパンにエシャロット、スライスしたマッシュルームを入れ、ソテーする。生クリームを加え、塩、胡椒で調味する。

5)鶏肉を切り、野菜と盛り合わせ、ソースをかけて供する。


2011.Novembre.Soleil
すぐ食べられるタルト タタン

冷凍パイシート
紅玉 4個
洗双糖 林檎の20%(グラニュー糖可)
バター 砂糖の10%

生クリーム 1p
砂糖 大2
カルヴァドス 大1

1)冷凍パイシートは、5cm角くらいの大きさに切り、フォークで穴を開け、200℃のオーヴンで15分程焼く。

2)林檎は4ツ割か、6ッ割りにして、皮を剥き、芯を取り除く。

3)5mm程 水を引いた鍋に砂糖を入れ、火にかけてキャラメルを作る。
   鍋は林檎が平たく並ぶくらいの大きさを選ぶ。

4)色がついたら、バターを加え、林檎を入れる。
  *キャラメルが飛ぶとやけどに繫がり、危ないので、気をつける事。

5)蓋をして揺すりながら 時々混ぜながら林檎が柔らかくなるまで火を入れる。

6)途中で蓋を取り、水分を飛ばしながら 煮詰める。

7)生クリームに砂糖を加え、泡立て、カルヴァドスを加える。

8)皿にパイを置き、林檎を乗せ、生クリームを添える。
 パイは下に敷く、上に乗せる は お好みで。

2011年11月16日水曜日

111116のお弁当


IMG_0737, originally uploaded by soleil_yoko.

今週は13個
*鶏の味噌漬け焼き(サラダ菜、小松菜、蕪葉、ブロッコリー)
*けんちん汁(大根、人参、牛蒡、蓮根、干し椎茸、豆腐、こんにゃく、揚げ)
*玄米
*ぬか漬け(紅芯大根、蕪、ラディッュ)

 土曜日に辰巳先生の所で、けんちん汁を習った。先生がこれから冬を迎える為に 根菜で滋味をとり身体を整えてほしいとおっしゃっていた。お弁当を食べてくれる人たちにもそうあってほしいと作ってみました。
 鶏はもうちょっと大きいです。(私のはあまりなので、、、、、)

 先生が使っている紫大尽より かめびしの方が醤油の味が勝っていたらしく ちょっと醤油が勝ってしまった。また 気をつけて 作ってみようと思う。

2011年11月15日火曜日

2011年11月13日日曜日

ル ブルギニヨン

美味しい物を食べる仲間のN先輩とジビエを食べに 菊池シェフのル ブルギニヨンに行ってきました。

 泡を頼み、アミューズ。こういう物を作らないと、、、
 アントレ、私ブータン ノワール、先輩 ガレットで、スタート。やっぱ 美味しいです。アルザスの方が濃かったけど、あのボリュームだと丁度、良い濃さでした。
 先輩のガレットを一口 もらおうと思っていたのに、つい自分のブータンを食べてしまいました。。。。

 メインは、私やましぎ??のパイ包み焼き、先輩 山鳩のロティ サルミソース。
 ソース 少なくない?と思ったのですが、内蔵の味で充分に濃く、本当に美味しかった。メインは 事前に相談して、半分でお皿交代。
 サルミソースは濃いのですが、バターの香りがするキャベツとソース、肉は本当に美味しかった。
 肉は、ほんのちょっと行き過ぎたら、ぱさぱさになってしまう様な肉質を赤くジューシィーに仕上げていて(当たり前ですが)、鳩より肉の味が美味しくて、すばらしかったです。
 パイ包みの野菜は、色々野菜にバターの風味がして こういうのも美味しい物だと思いました。

 遠慮しない間柄なので、肉2切れとサルミソースは残し、キャベツ半分はしっかりいただき、先輩にお皿を返しました。

 グラスのリースリングを飲みたくて、チーズを頼み、和栗に引かれてデセールも頼んでしまいました。
 満腹です。写真を撮れる雰囲気ではなかったので、料理の写真はありません。

 代わりにその前に寄ったみささぎ流副お家元の片桐悦子先生のお花を。お花が生きている感じとか、ゴージャスな感じが非常に好きです。
IMG_0733IMG_0734

最後の読み込み, a set on Flickr.

片桐悦子先生のお花

2011年11月11日金曜日

i's kitchen 中国料理の会@Soleil

i's kitchen 中国料理の会@Soleil

今月の「中国料理の会」は、予約制レストランです。
11月20日(日)、21日(月)の2日間、
コース仕立ての中国料理で、みなさまをおもてなしいたします。
お忙しいとは思いますが、お時間があれば、ぜひいらしてください!
                      i's kitchen 伊藤朗子

期間:11月20日(日)、21日(月)
   18時00分~

価格:5,500円(税込)
※メニューは、前菜、メイン、スープ、デザートからなる、全8品のコースのみです。
 苦手な食材などあれば、ご予約時にご相談ください。
※お飲み物は、ウーロン茶、青島ビール、甕入り紹興酒をご用意しています。
※アルコール類は別料金になります。
 お飲み物のお持ち込みは、抜栓料として500円/本をいただきます。

ご連絡先:E-mail  iskitchen*mbr.nifty.com
(メールの際は、*を@に変えて送信ください)
完全予約制です。
※仕入れの都合がございますので、11月16日(水)までにご予約ください。

**忘年会・新年会のご予約承ります**
年末年始、親しい人たちとの会食に!
おいしい中国料理をかこんで、今年の疲れを癒しませんか。
新しい年の親睦を深めるのにもぴったりです。
日程は、日曜日、月曜日のランチ、またはディナーになります。
Soleilさんの店休日との兼ね合いになりますので、ご相談ください。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。